1/7

ラーバンの森動物病院のHPへようこそ!

  
ラーバンの森動物病院は、三国町の自然豊かな里山の片隅にあります。
 

遠くには白山を望み、春から秋にかけては目の前の牧草地にはジャージー牛が放牧されています。

待ち時間や診察後には、丸太のブランコやベンチでくつろいだり、畑や森に囲まれた小道を散歩

しながら、のんびりと過ごすこともできます。

 

自然の持つ温かさと優しさで、飼い主様やワンちゃん・ネコちゃんの不安な思いを少しでも和ら

げる空間にしたいと思っています。

我が家の大切な「家族」のかかりつけにしたい!そう思っていただけるような動物病院になる様

に努めています。

 

 

 

 

休診のご案内

この看板を目印にお入りください

【5月の臨時休診日お知らせ 

5月21日(金) 休診します。

予防の季節が始まります。

暖かくなって、外のお散歩が楽しみな季節となりました。

気温が暖かくなってくると、蚊やノミ、マダニなどの虫が出てきます。

蚊に刺されることで起こるフィラリア症、ノミ・マダニに刺されることで皮膚炎や血液の病気、また人間にも重症熱性血小板減少症などの病気を起こすことが知られています。

予防をすることで防げる病気はぜひ予防しましょう。

フィラリア症は、蚊が媒介する寄生虫の病気で、最終的には心臓に寄生して、心臓病を起こします。

有効な治療法がほぼなく、発症すると苦しんで死亡する、予防が非常に重要になる病気です。

蚊が出始めて1か月後から予防の薬を月に1回投薬します。

この地域では、6月の月初めから12月までの予防をお勧めしています。

薬は、錠剤、粉、おやつタイプ、スポットタイプがあります。

ノミ・ダニ予防は、スポットタイプ(犬・猫)とおやつタイプ(犬のみ)があります。

1か月に1回のスポットタイプと3か月に1回のタイプがあります。

お気軽にスタッフにお問い合わせください。

 

1回の注射で1年間フィラリア予防ができる注射(プロハート)が始まりました。

この予防薬は、年一回の注射で「一年間」フィラリア予防ができるというものです。

3月1日〜4月ごろまでの実施です。(なくなり次第終了します)

薬の飲ませにくいワンちゃんや予防薬の飲ませ忘れが心配な場合はおすすめです。

5月の混雑を避けられることもメリットと考えています。

デメリットはノミ・マダニ・寄生虫の予防は別でする必要があることと、注射の副反応の心配があることです。

初回注射時点で、10歳以上の高齢犬、てんかん発作がある犬、その他持病がある場合、体重変動の激しい成長期の犬は接種できませんのでご了承ください。

料金は体重によって変わりますので、スタッフにお尋ねください。

 

2021年2月25日マダニの感染が始まりました。

今年は積雪もありましたが、暖冬だそうです。

先週、散歩中にマダニの感染した犬が来院しました。

マダニは皮膚病の原因となり、いくつかの伝染病の原因にもなり、人にも感染します。

お散歩の気持ちいい季節が始まります。

​ノミ・マダニ予防を始めて気持ち良くお散歩の準備をしましょう。

新型コロナウィルス対策にご協力をお願いします

現在当院では以下のように対策を行っております。

感染防止のため、ご理解とご協力をお願いします。

午後の診察時間は午後6時で終了します。

診察時間

午前9時から12時

午後4時から6時

受け終了後、屋外もしくはお車でお待ちいただきます。

待合室での密集を避ける目的で、受付後に屋外もしくは車での診察待ちをお願いします。

受付時にスタッフに車の場所や車種、携帯電話の連絡先などをお伝えください。

順番が近づきましたらお声かけします。

~ご来院時のお願い~

マスク着用をお願いします。

咳エチケットや手指の消毒、手洗いなどの感染症対策をお願いします。マスクの着用のない方の来院はご遠慮ください。

院内へ入るのは基本的にお一人に限らせて頂きます。

定期的に消毒を行い、喚起のために窓を開けますことをご了解ください。

お薬を長めに出すこともできますので、ご相談ください。

皆様に快適に診察を受けて頂くための処置です。

何卒、ご理解ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。